top of page

モラルハラスメント

パートナーによく責められる、でもどこが悪いのか分からない、パートナーとのコミュニケーションが一番辛い、等と感じたら、それはモラハラを受けている可能性があります。

また、モラハラは離婚が終わりではありません。

離婚後もモラハラ被害や過去の傷に悩まされている方もぜひお問合せください。

モラハラ,辛い

モラハラという言葉は、

一般的に普及していますが、

その実態や被害者の苦悩は

なかなか理解されません。

そのため、信頼できる友人や

両親に相談しても、

「あの人に限って」

「あなたにも非があったんじゃない?」

「話し合いが足りないのでは?」

などと言われ、

信頼を裏切られたように感じる、

より一層、孤独に陥るなどの

二次被害に発展することもあります。

当カウンセリングルームでは、

モラハラ被害経験のあるカウンセラー

お話をうかがいます。

◆単発のカウンセリング

お話をうかがいながら

問題点を整理し、今後のアクションを

一緒に考えていきます。

・モヤモヤした気持ちを吐き出したい方

・話してスッキリしたい方

・受けている扱いがモラハラかどうか知りたい方

にお勧めです。

◆継続カウンセリング

育ちの家族のお話から現在に至るまで

幅広くうかがいながら、

クライアント様の思考の特徴やその理由を

家族心理学の観点から読み解きます。

・頻繁に辛くなる方

・同じようなタイプの相手を選んでしまう方

・家庭内だけでなく、職場でも同じような扱いを受ける方

にお勧めです。

モラハラの傷は、残念ながら、

1回のカウンセリングで

なくなるものではありません。

あの日受けた深い傷

攻撃が来る瞬間の緊張

心が縛られて逃げられない絶望

悲しみ、苦しみ

数々の「なぜ?」

それらを抱えたまま、

心から笑える日が来るまでは

時間がかかります。

でも、ちゃんとその日は来ます。

別居・離婚に迷っている時、

背中を押してほしい時、

モラハラ夫の元に

戻りたくなった時、

ただただ吐き出したい時、

何度でもお話に来てください。

被害者の方々が、1日も早く、

幸せを取り戻すことを

願っています。

~モラハラとは~


モラハラとは、日々ささいな事で

非難され続けることで、

自分(あなた)が悪い

と思いこまされる

マインドコントロールです。

身体的なDVと違って、

一つ一つがどこにでもあるような

積み重ねなので、

被害を受けていることに

気付きにくいのが大きな特徴です。

~子供たちのこと~

子供が健全に育つためには、

安心できる家庭環境が大切です。

しかし、養育者が精神的に

追い詰められていれば、

それは不安として子供に伝わります。

また、子供は

親の言うことは聞かずとも、

親のしていることはよく見ていて、

良くも悪くも

親の真似をしながら育ちます。

両親間の理不尽な力関係や、

問題に直面した時に

モラハラで解決する姿を

見ていれば、

将来的に、自分の家族にも

同じことをしてしまい、

新たなモラハラ家庭を

作ってしまいます。

それは、見ている期間

長ければ長いほど、

子供の中に蓄積され、

自分の選択肢の一つと

なっていくのです。

生活レベルや環境には

慣れることは出来ます。

でも、子供時代に得られる

特にお母さんの笑顔は、

何物にも替え難く、

子供の人生を長期的に左右するほどの

影響力があります。

 

あなたとお子さんにとって

本当に必要なものは何か、

今守るべきものは何か、

一緒に考えましょう。

bottom of page