top of page
  • 執筆者の写真risa yukimura

【SOS】モラハラ夫の相談!友達よりカウンセラーがいい理由

こんばんは。

モラハラカウンセラーの幸村です。

 

モラハラを受けていらっしゃる方や、

知り合いが被害を受けている

という方が、

 

こういうのって

誰に相談すればいいのか

分からなかった

 

とおっしやるのを

よく聞きます。

 

そう。

意外とないんですよね。

ぴったりな相談先は。

 

私の時は、1番相談して良かったと思ったのは、

ダントツでカウンセラーでした。

 

 

1番救われたのは、

と言ったほうが

しっくりくるかもしれません。

 

日々の悩みであればまず

友人に相談するものと思いますが、

モラハラという問題の特性上、

吐き出すことができても、

孤独や苦しさは増す

といったことも考えられます🥲


今日はその辺りについて

お話ししていきますね✨

 

 友人への相談

 

自分ではどうにもできない状況の中、

人に相談するのは、

何とか状況を打開するための

新しい発想やノウハウ

求める時でしょう。

 

しかし、まともな生活をしている人ならば

心の底から心配はしてくれても

モラハラの異常性に対する

ノウハウはありません。

 

逃げたり、離婚したり、

 

他人の生活を

大きく変えるような発言は

無責任にはできない

 

と考えるのもまた当然で、

相談しても心配をかけるし、

はがゆい思いもさせるでしょう。

 

また、友人にも家庭があったり、

場合によっては子供もいれば、

下手に関わるよりも

まずは自分の家庭を守る

一線を引かれます。


友人のDV夫が

自分の家庭に乗り込んでくるかも

なんてリスクは冒せないから、

仕方がありません。

 

しかし、それは、

助けと支えが何よりも欲しい

あなたにとって、

大きなダメージになりかねません。

 

相談した結果、

何の解決にもならず、

「気をつけてね」

という言葉だけを残して、

正常な夫のもとに帰っていく。


そんな友人を見送るのは、

相談する前以上に

孤独を深めるものです。

 

モラハラ被害の

真綿で首を絞められるような苦しさは

まともな家庭で暮らしていれば

想像できるものではありません。


理解されない孤独。

あなたよりも

自分の家庭を守りたい、と

世界を隔てられる孤独。

 

辛い時こそ

信頼できるつながりを感じたい

 

そんな風に

拠り所を求めた時に

思い知らされるリスクがあることを

心に留めておいた方が良いでしょう。

 

 カウンセラーへの相談

 

カウンセラーは基本的に

100%あなたの味方です。

 

傷ついたあなたの心を受け止め

あなたに起こっていることを

客観的に説明するので、

気持ちが整理される

メリットがあります。

 

また、行政など、必要に応じた

リファー先に繋ぐ義務もあるので

守られている安心感

得られるでしょう。

 

そして何より、

モラハラ被害のように

理解されにくいDV被害において、

「わかってもらえる」ことは、

あなたにとって

大きな支えになるはずです。

 

誰からも理解を得られず

孤軍奮闘してきた過去から、

他の人たちと同じ世界へと

あなたを引き戻し、

自信と尊厳を

取り戻してくれるのが

カウンセリングです。

 

そこが整えば、

いろんな道が開けてきます💕

 

どんな風に道が開けるか

私の経験を踏まえて

別の記事でご紹介しますね✨

 

 さいごに

 

モラハラのカウンセリングを

初めて受けた時、

その時の女性カウンセラーから、

 

「理沙さん、私はあなた以上に

理沙さんのことを愛してますよ」

 

と言われて、涙が溢れ出ました😭

 

当時は、

 

なぜ涙が止まらないのか、

なぜそんな風に愛せるのか、

 

全く分かりませんでした。

 

でも今ならよく分かります。

クライアントさんに向き合うたびに

思うのは、

 

きっとあなたは

自分がダメな人間だ

と思わされているだけ

 

本当はそうじゃないことを

私は知っている。

 

だから、

 

あなた以上に

私はあなたの可能性を

確信できるし、

 

あなたが気付かないような

ステキな部分にも

私はちゃんと気付ける😊

 

そういうところを

私の最初のカウンセラーは

愛と言ったのでしょうね💕

 

モラハラを生き抜いた頑張りも、

倒れずに子供を守り抜いた強さも、

それがどれだけ大変なことなのか

被害経験のあるカウンセラーなら

分かります。

 

そんな共感が欲しいときは

ぜひ、お声がけくださいね✨

 

カウンセリングのお問合せ・お申込みは

こちらから💕

 

カウンセリングルームHeal and Guide

 


 

Komentarze


bottom of page