top of page
  • 執筆者の写真risa yukimura

モラハラ後遺症 ~ 今の自分のままでいい、と思うには?

更新日:2023年6月18日


こんばんは。 モラハラカウンセラーの幸村です。 今月もあと1週間ですね。

今月いっぱい、60分無料でカウンセリング受け付けます✨

Zoomか対面を想定しております。 深夜になる場合はお電話かZoomで。 ハッキリした相談内容とかなくても大丈夫です。 気軽にお喋りするつもりでお申込みください😊 カウンセリングルームHeal and Guide https://www.heal-and-guide.com

さて、前回の続きですが、 今のままの自分でいいと思うこと、 自分を好きになること、 って、モラハラ被害者の方はすごく苦手

ですよね。

でも行動は起こせます。 まず、自分の好きな事をする

今までモラハラを受け続けて、 自分自身を少しずつ少しずつ 捨てさせられました。 モラ夫の指示を受け止めるために、 自分の中を空っぽにして待機状態で生活していたので、 自分の気持ちが分からない、 やりたい事が思いつかない、 という方がたくさんいらっしゃいます。 そんな時は、考えではなく、

感覚で決めましょう。 通りかかったカフェで、

衝動的に美味しいものを食べちゃおう、

とか、

目的もなく本屋さんに入って、

何となく気になった本を買ってみる

とか。 そうやって、自分の感覚で、 自分のためにお金を使って 自分を大事にしながら、 自分を思い出すことに時間を使いましょう。 そして、 自分の価値観や尊厳を取り戻す。 自分がどんなことに怒りを感じて、 どんなことを大事にしていたか、 自分の心によく耳を傾けましょう。 モラ夫と離れてから

別の人にマウントを取られる、 モラハラの対象になってしまう、 のケースも一緒です。

相手が強気に出た時に、 自分に1ミリでも非があるかも、と思ったら つい謝ったり、

負けに行ってしまう

ことがあります。 心の癖が発動して、相手との上下関係を作り、 自ら被害者の立場に収まってしまいます そうならないためには、日ごろから 自分の感情に忠実になることを

心掛けてください。 相手の言うことに少しでも違和感を感じたら、 その感覚を大事にしましょう。 賛同出来ない理由はどうでもいいんです。 少し考えたい、とか、また今度で、とか そんな一言で話は済みます。 拒否することは権利であり、

正常な人間関係なら その選択は尊重されます そういう体験を積み重ねることで、 自分はこれで大丈夫なんだ

と思えるようになります。 それが続くと、 自分は今の自分のままでいい

と思えるようになり、 自分を好きになれますよ😊 カウンセリングルームHeal and Guide https://www.heal-and-guide.com

Σχόλια


bottom of page