top of page
  • 幸村理沙

モラ夫からの避難準備

更新日:2023年6月11日


こんばんは。

モラハラカウンセラーの幸村です。


今日は、3/25のカウンセリングルーム開業に向けて

開業届を提出しました!

それと、ちょっと前からHPの作成も😊

自分の屋号でドメイン取得した時は

ついに一歩踏み出した感がありました✨


HPは、私自身が受けたモラハラ被害に少し触れるので、

子供たちにはあまり見せたくないのですが、

リビングで背景画像などを検索していると、

これなら自分にもできる、と思うのか、

「いい感じの画像を探してあげますよ!」

と張り切る子供たちが、入れ替わり立ち代わりやってくる

という、かなり落ち着かない状況に・・・😅

大人の世界で認められたみたいで

うれしいんだそうです😊


3/25開業を目指すには、特別な理由があって、

7年前のこの日は、モラハラ夫から子供を連れて逃げた

幸村の独立記念日なのです。

毎年、一人でスパークリング開けて

ひそかにお祝いしてます💕

がんばったなぁ、って。


詳しくは独立記念日にまた書こうと思いますが、

この時期に改めて思うのは、

お子さんを連れての避難の場合、長期休みの初めが良い

ということ。

なぜなら、お子さんが学校や保育園に行けば

父親は待ち伏せ出来てしまうので、

学校がお休みの時期が良いんですよね。

引越しを伴う場合は、転校や転園の手続きを

新学期に合わせてあげた方が、

新生活へのシフトもスムーズで安心ですし。

お子さんにとっても、なぜ自分だけお休みするの?

という生活の違和感が、最小限に止められますよね。


幸村は3/14に自身のDV被害を知って、

その11日後に避難しました。

正直、DV被害を受けていると分かってしまったら、

もう一日も一緒にいられません。

でも逃げるなら準備は必要です。

滞在先やお金、子供の服や薬、保険証、通帳、通勤着…

家を出た後の滞在先と動き、子供のケア、最終的な着地点、

そういうものを考えて、計画し、

それによって準備が決まります。

落ち着いて考える時間なんてない生活の中で

準備と覚悟を固める期間として

春休みまでの10日間というのは

今にして思えば妥当だったと思います。


毎年この時期にそれを思い返すことで、

あの時がんばった自分をほめてあげたり、

当時の自分のように苦しんでいる人の力になりたい

という思いを再確認できたりするので、

私にとって、大切な儀式みたいなものになっています。


逆らえない相手から逃げるのって、すごく勇気が要ることです。

私の場合は、年の近い従姉がいて、避難計画を一緒に立てたり、

くじけそうになるのを支えてくれたりしました。

1人で正気を保ってやりきるのは、当時の私には無理でした。

今度は私が支える側に立ちます。

それによって、1人でも多くの方が、諦めずに

幸せに向けて踏み出せたらいいな、と思います。

閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page