top of page
  • 執筆者の写真risa yukimura

加害者の「良いところ」に惑わされないために

こんにちは。

カウンセラーの幸村です。


モラハラ・DV被害者の方とお話していると、

パートナーとの生活が辛い

と訴えつつ、

同時にパートナーを庇ったり、

良いところも強調する人がいます。

そして時には、

その良い部分に気持ちが引っ張られ、

モラハラから離れられない人もいます。

もともとは、その良いところに惹かれて

一緒になったのだから

当然です。


それに人間って、自分が関わったものは

特別に感じるものなんです。


自分の家族、学校、会社、友人・・・


ましてや彼氏や夫なんて、自分が選んだのだから

なおさらです。

加えて、モラハラ生活では、 相手の価値基準に合わせざるを得ない。 相手に都合の良い基準で、 それに反することをすると、 あなたが悪い、と思わされます。

その理屈を紐解いて議論するには

何重ものハードルがあるため、

「彼(彼女)も仕事が大変だから」 「子供たちにはいい父親(母親)だから」 「私も100%正しいわけじゃないから」 と自分が我慢することを正当化して

自分を納得させた方が

実はおさまりがいいのです。


相手の良い部分を尊重することは

悪いことではありません。

しかし、あなたを傷つける相手に対しては、

「相手がどうか」

ではなく、

「自分にとってどうか」

で、考えてみてくださいね。


あなたにとって大切なこと、

望む生活、譲れないものは何ですか?

心の平静。

責められない生活。

自分の健康。

子供の安全。

どれも人として望んで当たり前のものです。

あなたのワガママでも贅沢でもありません。

今のパートナーは、

それをあなたに与えてくれますか?

一緒にいて実現できますか?


考えがまとまらない時、

どうすべきか判断できない時、

お話に来てくださいね。

重い蓋で押し込めている

あなたの心の叫びが何と言っているのか、

カウンセリングでお聞きして

気持ちの整理のお手伝いをします。

댓글


bottom of page